L'epice de la vie

2017 / 05
04≪ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 ≫06

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 コメント:- トラックバック:-

着いた

2013/11/03(Sun) 04:36
長旅を終えて、やっとスペイン北の都市、
バルで有名なサン・セバスチャンにやって来ました!!

飛行機、バスと電車を乗り継ぎ何とか辿り着いて、
でも降り立った駅に地図が無くて。。。
街の構造が全くわからなく、ホテルにはたして
辿り着けるのかと焦ったけど、親切なセニョールに
ホテルまで連れて行ってもらってバスク人の
暖かさに触れました。

意外にもホテルのオーナー以外は英語が通じて
安心というか、拍子抜けというか…ありがたい。

先ほどピンチョスをつまみに早速バルにも行って
雰囲気を楽しみました!


その辺はまた。。。



スポンサーサイト
FRANCE コメント:0 トラックバック:0

南仏猫ちゃん

2007/10/03(Wed) 22:30
060630_0013~0002.jpg


昨日の続きでまたまた南仏猫写真!!
この子はVENCEにいた猫ちゃんで、
ダラダラと寝そべっていました。

SPICEが近づくと、邪魔しちゃったらしく
ちょっとそわそわしていました。

でもSPICEに見つかったあと、
アメリカ人観光客らしきファミリー
にも写真を撮られていました。

まぁ~、撮りたくなるよね…
こんな美しい村にのんびりと
暮らしてるねこしゃんですから!

羨ましい限りです。


FRANCE コメント:4 トラックバック:0

南仏の猫!

2007/10/02(Tue) 09:48
急に寒くなったり、暑くなったり…寒暖の激しい季節になりましたね。
皆さん如何お過ごしでしょうか?

SPICEは暑いの嫌いなんで、 ゚+.(ノ。・∀・)ノ*.ワァァァァイ☆゚・:*☆
といった感じなんですが、
やはりこの異常気象にはついて行けなくなる時もありますね。

でもやっと秋物が着れるし!(皆さん何か買いました?)
食欲の秋だし!(皆さんは秋の味覚何か召し上がりました?)
とウキウキしております!

そろそろ南仏の写真を使い果たしてしまい、
スキャンしないといけない状態なんで、
今日はトゥレット・シュル・ルーで出会った
猫ちゃんたちをアップします!

フランスの猫は大概箱入り娘、息子らしく、
あまりお外に出さないと聞いていましたが…
田舎の村にはいました!!

恐ろしく汚い、でも人懐っこいTOM CAT君
「なでなでしてぇ~」
と擦り寄ってきましたが…
あまりの汚さにびっくり!
「君、猫にしては汚すぎるよ!!
なでなではちょっと難しいから写真とってあげるね」
納得させると、このポーズ
20071002093354.jpg


TOM CAT君の子供でしょうか…
家の前で日向ぼっこ中の子猫。

この子もかなり人懐っこい。

20071002093403.jpg

気持ち良さそうにあくびしてました…

南仏は猫にとっても生活しやすい場所なのでしょう…
本当にゆったりとした空気が流れていました。

FRANCE コメント:6 トラックバック:0

南仏コートダジュール・鷲の巣村(トゥーレット・シュル・ルー)

2007/10/01(Mon) 10:23
村の中の様子
20071001095413.jpg

細い道沿いにお店やアトリエが並んでいます。

村の中心部にある村の役所(?)のようなところで、
1900年頃の村の写真と現代の村の写真を比較する展示会が開催されていました。

その写真を見る限りでは、
石畳の道路が補修されてコンクリートになっていたり、
建物の看板が変わったり、花壇が出来たりするくらいで、
100年殆ど変わっていない様子が伺えました。

地震がない国であるということは、大きな利点ですが、
それだけでなく、古い物を大切に、大切に保存していることには
本当に感銘を受けました。

可愛い看板を発見!
20071001095343.jpg



一昨日サボテンがいっぱい生えていたと言う話をしましたが、
いろんなメッセージが肉厚な果肉に彫られていました!
日本のアイアイ傘みたいなものでしょうか?

20071001095354.jpg

この写真では分かりずらいのですが、

LUCYJOHN

見たいなメッセージが肉厚なサボテンに彫られていました。


FRANCE コメント:4 トラックバック:0

南仏の鷲の巣村トゥレット・シュール・ルー(Tourrettes sur Loup)

2007/09/30(Sun) 13:24
ヴァンスからグラース行きの不思議なバスの旅で得たものとは…小さな小さな村との出会いでした。
険しい山の中にその村は存在します。地球の歩き方などにもほんの1ページ程ですが、とりあえず登場する*鷲の巣村Tourrettes sur Loup(トゥレット・シュール・ルー)。

(この村はスミレ栽培(スミレの砂糖漬けなどにする)が有名で、3月のスミレ祭りは、観光バスが乗りつけるほどの人気があるそうです。シーズンには、すみれ畑の見学案内をしてくれる栽培農家もあるようです。SPICEが行ったのは6月でしたので、スミレは咲いていませんでしたし、観光客自体ほとんどいませんでした。)

この村を一目バスから見ただけでSPICEは完全にノック・アウト!!
完全に恋に落ちました。
絶対中を散策したい!そんな気持ちにさせてくれる可愛らしい村です。

コートダジュール行きの目的と言えば、一番人気の鷲ノ巣村エズ、もしくは他の地中海沿いの村から海を望むことでしたが、この村と出会い、そんなのどうでもいい!と思えるくらい本当に素敵な村でした(SPICEにとって)。

バスで行く場合、ニース→ヴァンス、ヴァンス→トゥレット・シュール・ルーというルートで行きます。バスの本数が少ないので、距離は恐らくそんなにないのかもしれませんが、かなりの長旅に感じられます。SPICEはさんざん毎日歩き回った最後の日でしたので、かなり疲れていたため、余計にそう感じました。

村の地図 とても小さいです
20070930130924.jpg


こんなところに建っています。まさに鷲の巣村!!
20070930130939.jpg


村はかなり小さく、一時間もあれば十分と言うくらいですが、景色も素晴らしいですし、ヴァンスと同じく、色々な工房やアトリエが並んでいますので、数時間に一本しかないバスを待っている間も決して飽きません。
プロバンスの絵柄の素敵な陶器を一から手作りされている家族(?)や海岸で拾ってきたのかなぁ…と思えるような石に細かい絵を描くアーティストなどの本当に素敵なお店もありました。


なかなか体力の要る旅ですが、行く価値はあります!
それにバスからは他の村が見えたり普通の人々の生活が垣間見えたりしますので、楽しめますよ!
バスからの眺めで印象的だったのは、旧市街と新しく建てられた街のコントラスト。あんなに美しい村が現れるとは思えないような田舎町…決して美しくはないどこにでもある田舎町の中をちょっと入ると真ん中に旧市街があったりするので面白いです。
それと、ヴァンス近くにあるSt-Paul de Vence(サンポール・ド・ヴァンス)という割と大きな鷲ノ巣村が、切り立つ岩壁に建つ姿でしょうか。近寄りがたい雰囲気を持っています。
St-Paul de Venceもいつか行ってみたい村です。




鷲の巣村とは…
*急斜面の岩山頂上に民家がぎっしり密集して建てられている村で、切り立った崖に鷲が巣を作っている様子に例え、鷲の巣村と呼ばれている。コートダジュールには100以上の鷲の巣村が存在するとか。敵の侵入、攻撃から守るために相手から見えない場所に村を作ったのが始まり。村内の迷路のように入り組んだ細い道、村を取り囲む城壁が、かつて要塞村だったことを感じさせる。


次回は村の中の様子をアップします(多分…)
FRANCE コメント:0 トラックバック:1
 Home  Prev

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

SPICE

Author:SPICE
性別: 女
趣味で天然石アクセサリー
を製作販売しています!

静岡では…
葵区鷹匠ルンルン様
時々清水区狐ヶ崎SNOWDOLL様
にて実際にご覧いただけます!

カテゴリーCRAFTもしくは、
アクセ製作日記↓
http://iciici.exblog.jp/
で作品をご覧いただけます。

オンラインショップでもご購入頂けます!

iichi | 手仕事・ハンドメイド・手作り品の新しいマーケット


このブログで使用している写真や文章の著作権は、すべて、SPICEに帰属します。無断使用や加工・転送を一切禁止します

最近の記事

最近のトラックバック

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。