L'epice de la vie

2013 / 11
10≪ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 ≫12

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 コメント:- トラックバック:-

新作

2013/11/28(Thu) 12:58


P1040487.jpg
タイニー、とってもタイニーな淡水真珠。大体1mm程。
上品で控えめな雰囲気のブレス


P1040491.jpg
深い青色のサファイア…グラデーション

スポンサーサイト
CRAFT コメント:0 トラックバック:0

バスクへの旅 DAY2

2013/11/15(Fri) 09:34
朝のスタートは美味しい朝食♪

周辺情報が少ないので、その辺をふらふら。。。
美味しそうな、しかも、
スペインにしてはめっちゃおしゃれな(失礼!)
カフェ発見!!

P1040070_R.jpg


P1040072_R.jpg


カプチーノは普通だったけど…
ここはイタリアじゃないので多くは期待しないとして。
パンはおいしー^^♪

これで確か二人で700円くらいだったかな…。

スペインはやっぱり安いなぁ。





Basque コメント:0 トラックバック:0

Basque への旅 Day one

2013/11/14(Thu) 09:25

P1040169_R.jpg

バルがまだオープンしない夕方は大体こんな感じでとても静か

やっと宿に到着して、オーナーの名物おばーさん
(海外情報サイトTrip adviserでかなり話題になっていた)
とのやり取りもなんとかこなして、
さて…少し休んでどこへ食べに行こうか??

家人はイマイチの体調で、食欲なし…
テンション下がるーーぅ。
日本でなら逆なのに、大概海外にいると
繊細な家人は食欲も体力も低下する。
いつもちぐはぐな我が家。。。

まぁ、そんなのはいいとして、初バル体験♪

P1040164_R.jpg

スペインらしい雰囲気の広場(別の日だけど)

この日はバスクのサッカーチーム…名前は…忘れた。
の試合が近所の町であり、町中人で溢れていました。
しかも勝ったらしく雨なのに広場では生演奏があったり、
サンセバスチャンはとても賑やか。

バスクの記念すべき一軒目は…Ganbara(ガンバラ)
この界隈では結構評価も高く、有名店

P1040067_R.jpg
奥にはきのこ(巨大なセップ茸も!)やピーマン、しし唐などが山盛り置かれています。
注文するとそれぞれ調理してくれる


P1040065_R.jpg
まず頼んだのはイベリコハムをミニクロワッサンで挟んだボガディジョ。
ハムが美味しいから…美味しいに決まってる!

マドリッドやバルセロナではあまりクロワッサンを
スペインで食べるイメージがありませんでしたが、
バスクはフランスの影響が強いのか、
フランスパンもしっかりしてるし、クロワッサンも美味しい。

その他いわしの酢漬け

しし唐の酢漬けとアンチョビ(これ定番みたい。どこにでもあった)

とその辺のものをつまんで、チャコリを飲んで…
家人がギブアップだったのでこの日はこれで終わり。


結構バル最初は戸惑いました。
人気店はとにかく人で溢れていて、カウンターに行き着くまで
(基本テーブルが無い限り立ち食い)
結構大変で、カウンターの中のお店の人になかなか呼びかけても
気付いてもらえなかったり…どう注文していいのかわからなかったり…。
この日たまたま店内に自分たち含め3組日本人が居て、
近くの方にコツを教えてもらい、はじめて注文ができました。
ずうずうしくいくしかない様子。でも観光地だけあって、
店員さんも外国人慣れしてるし、片言のスペイン語でも
気持ちよく応じてくれます。


明日もバル巡り^^


Basque コメント:2 トラックバック:0

Basque への旅 Day One

2013/11/13(Wed) 09:47
P1040061_R.jpg

Haneda - Paris – Basque

今回の行きの日程ではこんな感じ。。。
深夜羽田便でパリCDG(シャルルドゴール空港)
→CDGから巡回バスでパリオルリー空港(ORLY)
→オルリーから飛行機でビアリッツ・バイヨンヌ空港(Biarritz Bayonne)
→バスでビアリッツSNCF鉄道駅へ→電車でアンダイエ(Hendaye)まで行き
→アンダイエから徒歩1分スペインバスク側Eusko Trenエンダイア?駅(Hendaia)まで行き
→電車でドノスティア・サンセバスティアン駅(Donostia-San Sebastián)へ

CDGに早朝着き、サンセバに結局夕方に到着したので
一日中移動の日。

一番印象的だったのが、同じバスク地方でもやはり
国境を越えると言語が完全に変化すること。
アンダイエからエンダイアに駅名もフランス名からスペイン名に変化し、
本当に目と鼻の先にある駅の電車に乗っただけなのに
乗客もフランス人からスペイン人へと完全に変化。
広告もバスク語交じり?のスペイン語だし、人の雰囲気、顔立ち
までもが変化し国境を越えた感が伝わってきたのは本当に
面白い体験だった。
本当に50mもない目の前の駅なのに…。

同じ国になることを目指しているのだから、もっともっと
言語が交じり合っているのかと想像していたけどそういう感じはしなかった。
(もしかしたらもっと言語が解れば感想は違うのかもしれないけど…)
ただ人々はお互いの言語を理解はできる様子で
例えばフランス語で話しかけるとスペイン語で返してくるそうです。

意外と英語も通じて、コミュニケーションは英語、片言のスペイン語
片言のフランス語とジェスチャーと笑顔で乗り切りました^^


サンセバには大きな駅が二つあるので、自分が着く駅が
Eusko Tren か RENFE かはっきり調べておくと現地に
着いた時にスムーズに進めるかも。

私たちは2つ駅があるという情報を得ていなかったので、下調べが甘くて…
ゆえにホテルまでの地図が違う駅からの道順のものを用意していて
全く予想と違い完全に迷いました。きっとスマホだったらよかったんだろうけど
うちはSIMカードも買うのをやめていたので、ネットは繋がらないし、
駅に地図はないし、タクシーは停まっていないし。。。途方にくれそうでした。

でも親切なおじーさんが道の名前を告げると連れて行ってくれました!
スタスタ歩くし、英語もフランス語ももちろんスペイン語も。。。もしかしたら
バスク語も話すとてもエリートそうな方でした。

最初おじーさんだったから疑っちゃったけど、本当に申し訳なかったと反省。


長ったらしく書いたけど、今後バスクへ行く方がいたら役に立つといいな…
と思って書きました。


次回からはバルめぐり♪♪ るん るん



DSC00542_R.jpg

の前にオルリー空港で食べたBaillardranのカヌレ。
もっちもち の ねっちねち でとても美味しかった~♪


Basque コメント:0 トラックバック:0

着いた

2013/11/03(Sun) 04:36
長旅を終えて、やっとスペイン北の都市、
バルで有名なサン・セバスチャンにやって来ました!!

飛行機、バスと電車を乗り継ぎ何とか辿り着いて、
でも降り立った駅に地図が無くて。。。
街の構造が全くわからなく、ホテルにはたして
辿り着けるのかと焦ったけど、親切なセニョールに
ホテルまで連れて行ってもらってバスク人の
暖かさに触れました。

意外にもホテルのオーナー以外は英語が通じて
安心というか、拍子抜けというか…ありがたい。

先ほどピンチョスをつまみに早速バルにも行って
雰囲気を楽しみました!


その辺はまた。。。



FRANCE コメント:0 トラックバック:0
 Home 

カレンダー

10 | 2013/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

SPICE

Author:SPICE
性別: 女
趣味で天然石アクセサリー
を製作販売しています!

静岡では…
葵区鷹匠ルンルン様
時々清水区狐ヶ崎SNOWDOLL様
にて実際にご覧いただけます!

カテゴリーCRAFTもしくは、
アクセ製作日記↓
http://iciici.exblog.jp/
で作品をご覧いただけます。

オンラインショップでもご購入頂けます!

iichi | 手仕事・ハンドメイド・手作り品の新しいマーケット


このブログで使用している写真や文章の著作権は、すべて、SPICEに帰属します。無断使用や加工・転送を一切禁止します

最近の記事

最近のトラックバック

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。