L'epice de la vie

2017 / 10
09≪ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 ≫11

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 コメント:- トラックバック:-

ラッセル・ホブス(RUSSELL HOBBS)の電気ケトル

2008/05/18(Sun) 10:25
ラッセルホブスサイン


最近電気ケトルがバカ売れ中ということで
我が家のポットもご紹介!!

形で分かる方は分かるでしょうね。
ラッセル・ホブスというイギリスのメーカーのものです。
ホームページの情報によると
ホブスは電気ケトル生みの親的存在だそうです。
これの前はうちは普通にコンロで沸かしていましたが、
この子は本当に早い!
例えば。。。
カップ約1杯分(130ml)・・・約1分
カップ約4杯分(500ml)・・・約3分
カップ約8杯分(1000ml)・・・約5分
といった感じだそうです。

使ってみての感想としては、
少ない量のお水なら確かに早いのですが、
さすがに冬場(水が冷たい)に1Lのお水を沸かすときは
かなり時間がかかります。
ガスに比べて若干早いかな?程度ですね。
でも、沸けば自動で静かに電源が切れるし、焦る事もなく安全です。
静かに切れる事が嫌い!という方もおられるようですが
SPICEはそれがいいと思っています。
大体使うときは、使う事をわかっている時なので
忘れる事は滅多にないですので、
勝手に切れて待っていてくれると急かされず助かります。
まぁ、この辺は好みでしょうか。

注ぎ口も優秀で、綺麗に、垂れる事もなく安心です。
コーヒーを入れる方は便利だと思います。

一つ気になるのは、
ふたが開いていると(少しでも)電源が入らない。
とあったように思うのですが、実際は
うちの子だけでしょうか?ちょっと浮いているくらいなら
ちゃんと電源が入り、沸かせます。
どういうことでしょうかねぇ…。
蓋は硬く閉じているので、半開きくらいでは落ちてきたり
中身が漏れたりはしませんので、特に問題はないのですが
何となく気になります。

あと沸かしたばかりの時は、多少周りが熱いです。
お子さんのいるご家庭では手が触れないところに
置いたほうがいいとは思います。
そういう点ではプラスチックのタイプの方が
あまり熱くならないのでいいかも。

SPICEとしてはこんな感じでしょうか。
我が家では本当に活躍してくれています!
すぐに沸いてすぐ飲める、
電源入れっぱなしじゃないので経済的、
自動で切れるのですぐ忘れるSPICEがいる我が家においては安心♪
あと忘れてはいけない点として
インテリアとしてデザインが洗練されているので
邪魔になったり、煩くなったりせず馴染みます。

総合的におすすめです!!


追記*
あと電気ケトルイイ!という事として
コンロをふさがないということ。
料理しているときにやかんがコンロにあると
邪魔ですし、鍋が置けなくて困る事もありません。




スポンサーサイト
ZAKKA コメント:0 トラックバック:0
コメント:
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:
トラックバック URL
→http://lepicedelavie.blog108.fc2.com/tb.php/153-8c56522f
Next Home  Prev

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

SPICE

Author:SPICE
性別: 女
趣味で天然石アクセサリー
を製作販売しています!

静岡では…
葵区鷹匠ルンルン様
時々清水区狐ヶ崎SNOWDOLL様
にて実際にご覧いただけます!

カテゴリーCRAFTもしくは、
アクセ製作日記↓
http://iciici.exblog.jp/
で作品をご覧いただけます。

オンラインショップでもご購入頂けます!

iichi | 手仕事・ハンドメイド・手作り品の新しいマーケット


このブログで使用している写真や文章の著作権は、すべて、SPICEに帰属します。無断使用や加工・転送を一切禁止します

最近の記事

最近のトラックバック

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。